スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
秋の夜長に本格スパイもの。
JUGEMテーマ:日記・一般


そろそろ進路について本気だして考えなきゃいけないんですけど、気がつくとフラフラ〜っと現実逃避している自分がいますorz
 
大学決める時以来の大事な岐路だよね、就活って。

そう思うと改めてことの重大さに愕然とさせられるのですが・・・((((;゚Д゚))))


そんなもやもやしている中でも読書欲は高まるばかりで、とどまるところを知りません!

やっぱりおこもり趣味の読書はやっぱり秋が向いてるわ〜。

このままずーっと本に囲まれて過ごしたいと思ってしまう私は高等遊民志望でオワテル。




 
昨日の夜中に読み終わったのが『ティンカーテイラーソルジャースパイ』です。

ちなみに、私はもっぱらうちカフェ派。

スタバで読書とか憧れ。

半年に1回行くか行かないかだからなー。

でもやっぱり読書はなんだかんだいって家が一番集中できるかな。


そうそう、映画の予告を入れてみたんですが、この本を原作にした映画が絶賛英国で公開中であります。

色んなバージョンがあるんだけど、最初の方の短めなものを埋め込んでみましたよ♪

『SHERLOCK』のベニー(ベネディクトさんのこと:笑)も出てるんです。

まぁ、だから読んだよね、原作。笑

 


ベニーは髪型変えたり、撮る角度によっても印象がガラリと変わって面白い。

あと、原作読んでてベニー役のピーター・ギラムが個人的に一番好きだったっていうv

最初の方結構語り手にもなっているから、感情移入しやすかったっていうのがあると思います。


ちなみに、本格スパイ小説って初めて読んだんですけど、翻訳もちょっと堅めで、登場人物もいっぱい(しかも名前と苗字が別々に出てきたりするからもっと混乱)、その上物語テーマが二重スパイを探り出すっていうややこしいストーリーときているから、久しぶりに手強い一冊でした。

(ちょこっと助言ですが、人物相関図は映画のHPにあるPDFファイルのものをコピーして持ち歩いて度々確認したりしました。主要人物だけですけど、最初のうちは助かりましたよ♪ http://www.tinker-tailor-soldier-spy.com/ HP凝りすぎてて少し重いんですが;)

でも、その淡々とした展開のうちにも、静かな狂気っていうか、迫ってくるスリル感があって一気に読破することができました(^v^)

日本での映画公開は未定とのことですが、来年の春くらいには見られるのでは。

派手なアクションものではありませんが、地道に「もぐら」に迫っていく過程はもちろんのこと、随所に現れる人間の哀感漂うドラマがどう映画で描かれているのか、楽しみです。

私はあまり詳しくありませんが、英国の名だたる俳優たちの豪華共演にも注目が集まることかと思います。

早く観たいよー(゚Д゚)ノ





日本語版があったので、ついでに。

正規のものではないと思います。

でも、プロいっす。



| *読書* | 01:09 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
秋の読書に・・・
JUGEMテーマ:日記・一般


ほっとちょこですv

牛乳をレンジでチンして、チョコソースを好きな分入れるだけ。
 
カロリーが心配だけど、簡単で、肌寒いこの時期にはとっても美味しいです。





今月は発表がいっぱいあるので、ゆっくり読書できないんですけどね(´;ω;`)

はぁー早くゆっくり読書したいよー


明日の代表戦は見ますけどね(`・∀・´)

楽しみー



| *読書* | 20:46 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
風邪&その間に読んだ本
JUGEMテーマ:日記・一般
 


案の定、風邪をひきました

カタール戦の大興奮覚めやらぬ中、勉強を再開したわけですが、だるくて手に付かない。。。

仕方なくその晩は寝たんだけど、朝起きたら完全にやられてました。笑

できれば寝ていたかったけど、2科目、大切な試験があったので体を引きずり受けに行ってきました。

つ、辛かった・・・!!

しかも、こんな日に限って山手線人身事故で運転見合わせvv

焦った焦った。

試験も論述問題の最後の方とか、日本語おかしいかも。

となりに座ってた男子学生も体調悪そうだな・・・とかうっすら思ってたらえずきだすしvv

早々に退出、棄権してました。

でも、あれはたぶん二日酔いだと思う・・・(´・ω・`)


試験終わって家帰ってすぐ寝ました。

いっぱい寝たら直りましたvv



そして、横になりながら読了したのが森博嗣の「喜嶋先生の静かなる世界」です。

すっごい久しぶりに本のレビュー。

紹介したくなるほどいい本だったってことです。

内容説明

学問の深遠さ、研究の純粋さ、大学の意義を語る自伝的小説

僕は文字を読むことが不得意だったから、小学生のときには、勉強が大嫌いだった。そんなに本が嫌いだったのに、4年生のときだったと思う、僕は区の図書館に1人で入った。その頃、僕は電波というものに興味を持っていたから、それに関する本を探そうと思った。その1冊を読むことで得られた経験が、たぶん僕の人生を決めただろう。意味のわからないものに直面したとき、それを意味のわかるものに変えていくプロセス、それはとても楽しかった。考えて考えて考え抜けば、意味の通る解釈がやがて僕に訪れる。そういう体験だった。小さかった僕は、それを神様のご褒美だと考えた。
講談社創業100周年記念出版




森先生の本はスカイ・クロラしか読んだことがなくて、しかも正直スカイ・クロラの世界観にはあまり馴染めず・・・それ以来の2冊目です。

でも、この世界観はたまらなく好き!

私が大学生ってこともあって、自然と物語世界に引き込まれて、気づけば一文字一文字をかみしめるように読んでいました。

幸せな読書時間を過ごせました。

研究に対する喜嶋先生の生半可じゃない思いとか、突き詰めれば正しい生き方ってなんだろう?と考えさせられるような重いテーマに繋がる要素もあって、そんな世界が静かに、淡々と描かれています。

大学時代ほど自分で時間を自由に使える時代って、退職後くらいしかないんじゃないでしょうか。

主人公のような研究者のように、思うがままに自分のためだけに使える時間って本当に貴重で、幸福なこと。

もっと今を大切にしなきゃいけないって身につまされました。


学生のうちにこの本に出合えてよかったと思った一冊です。




| *読書* | 22:31 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
最近読んだおすすめ本*
JUGEMテーマ:読書
JUGEMテーマ:日記・一般


ここ最近読んだ本の中で印象深かったもの。

たまたまどれも女流作家。


儚さとエクスタシーに満ちていて、どこか夢心地なんだけど、しっかり読ませる小池真理子の『』。

溌剌として、嫌味のない女主人公・乃里子と、彼女の幾人かのボーイフレンドとの変遷を関西弁で生き生きとつづった『言い寄る』・『私生活』・『苺をつぶしながら』の三部作。


いわずと知れた千利休と豊臣秀吉の確執を、鮮やかに切り取った歴史小説『秀吉と利休』。



いずれも骨太で、読み応えがあり、一気に読みました。


秋の夜長にいかがですか?(もう、冬?)


これから読んでみたいのはぁ〜・・・『利休にたずねよ』かな。

とりあえず、今私のフォーカスは「茶道」にロックオンです。笑


| *読書* | 21:40 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
読書メーター&雑記
JUGEMテーマ:読書
JUGEMテーマ:日記・一般

昨日は「月恋」の最終回をバッチリ観ました。

視聴率最悪だったそうですが・・・私にしては珍しく連ドラちゃんと観たなー。笑
いつも尻切れトンボなもんで。

個人的によかったんだけどな。
まぁ、以前の視聴率がよかったっていうドラマを観てないもんで、比較しようもないんだけど。


あと、明日7月7日・七夕の日はUVERworldのコンサートです!!


そして今日ホームページいったら、な、なんと!
東京ドームでのワンマンライブが決定したそうです  わー

早くね!?
ポルノでも去年初めてだよ??
すごいなー・・・。
行けるかなー。
ONEDAYだもんなー。

今のところファンクラブに入らなくてもUVERのライブいけてるけど、いつかチケットも簡単にとれなくなるような日が近づいているよ・か・ん。

まぁ、とにかく明日は(個人的に)初のライブハウスコンサートなので、楽しんできたいと思います


さてさて、最後は本のおはなし。

最近は比較的コンスタントに読書してますね。
 
当たり前ですが、高校の図書館より断然大学図書館の方が蔵書数があって、図書館利用しまくっています。
新刊もまぁまぁあるし。

少しでも学費の元を巻き取ろうという魂胆です。笑
そんなの高が知れているけど。

今回も特に深い意味はないのですが、気まぐれで読書メーターのせてみました。
 
ちなみに、この頃気になるキーワードは私のいま学問しているところの「美術」です。



6月の読書メーター
読んだ本の数:8冊
読んだページ数:2119ページ

分冊文庫版 姑獲鳥の夏 下 (講談社文庫)分冊文庫版 姑獲鳥の夏 下 (講談社文庫)
読むのは3回目くらいだけど、やっぱり内容は何度読んでもどこかしら忘れていて(汗)毎回新たな気づきがある。だからやめられない。妊娠20ヶ月の妊婦、赤児失踪事件、ホムンクルス、恋文、憑き物、陰陽師・・・めくるめく禁断の世界に眩暈がします。
読了日:06月27日 著者:京極 夏彦


分冊文庫版 姑獲鳥の夏 上 (講談社文庫)分冊文庫版 姑獲鳥の夏 上 (講談社文庫)
『夏』・・・また姑獲鳥の季節がやってきました・・・夏になると必ず読みたくなるんです。読むのは3回目くらいかな?やっぱり1回目のときほどの衝撃はないけれど、この世界観には何度も浸りたくなってしまう。とにかく大好き。笑 ぜひ寝苦しく蒸し暑い夏の夜の供に。
読了日:06月26日 著者:京極 夏彦


浮世絵の魅力―江戸の庶民文化 (1984年)浮世絵の魅力―江戸の庶民文化 (1984年)
最近再熱中の浮世絵。この本は少し古めだったのですが、一部は浮世絵界を代表する浮世絵師の略伝、二部は作品鑑賞といった構成。作品鑑賞では浮世絵の中でも見過ごされがちな肉質画についての鑑賞も含まれています。いかんせん古いがゆえに作品写真がモノクロなのが惜しまれますが、作者の丁寧なことば選びと浮世絵に対する親しみをもった眼差しが心地よい一冊です。
読了日:06月26日 著者:小林 忠


天国旅行天国旅行
週間ブックレビューで角田光代さんがすすめられていたので、気になり読んでみました。三浦しをんさんの作品を全て読んでいるわけではないのですが、こういったシリアスなトーンのものは初めてで、とても新鮮でした。「心中」がテーマなのにあんまり重さは感じず、ライトな暗さ(矛盾してる?)でした。短編毎にまったく質感が違っていて、それぞれの世界観がとてもおもしろかったです。夢中で読みました。新たなしをんさんを見た感じです。
読了日:06月25日 著者:三浦 しをん


カラー版 浮世絵 (岩波新書)カラー版 浮世絵 (岩波新書)
オールカラーが嬉しい一冊。一章「浮世絵の流れ」二章「錦絵のジャンル」三章「重ねられた主題と隠された主題」四章「錦絵はいかにつくられ、売られたか」五章「錦絵の技法のさまざま」という構成で、まとまりには欠けるかもしれないが、浮世絵についての情報はその分たっぷりと盛り込まれていると思う。浅すぎず、深すぎず。おもしろかった。
読了日:06月22日 著者:大久保 純一


ギリシアの神々 (講談社文庫)ギリシアの神々 (講談社文庫)
とってもやさしい語り口のギリシャ神話。「あのはなしどんなラストだったけ?」とか確認するときに役立ちそう。入門書にもおすすめです。
読了日:06月18日 著者:曽野 綾子,田名部 昭




D坂の殺人事件 (創元推理文庫)D坂の殺人事件 (創元推理文庫)
本屋で中村祐介さんの表紙に惹かれて買ったのですが、江戸川乱歩ってこんなに面白かったのか!と新発見でした。10の短編が収録されているのですが、どれも色合いが違って、どれも狂気に満ちている・・・。人間のタブーに深く踏み込んだストーリーに惹きつけられてしまいました。京極さんの作風に通じるものを感じました。これからもっと読んでみよう。
読了日:06月13日 著者:江戸川 乱歩



イニシエーション・ラブ (文春文庫)イニシエーション・ラブ (文春文庫)
・・・騙された。解説サイトを読むまでちんぷんかんぷんでした。おつむの悪い私には難解過ぎです。笑
読了日:06月04日 著者:乾 くるみ

読書メーター
| *読書* | 20:58 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
ブックオフ戦利品
JUGEMテーマ:読書
JUGEMテーマ:日記・一般
 



ちゃーん。

最近ブログの方で本のレビューをのせることがまったくなくなってしまいましたが(汗)

本は結構読んでます

そして、この前ブックオフで書籍半額セールをしていた時に買った田辺聖子さんの三部作。

「私的生活」を読んでからすっかりファンになってしまって、その前後作となる「言い寄る」と「苺をつぶしながら」を探していたのですが、それがちょうど地元のブックオフにあったのです

ついでに文庫を持っていた「私的生活」も買ってしまいました。


表紙のデザインがレトロポップでかわいいので、写真をアップ 

それだけ。笑

早く読みたいな〜

でももったいない〜


ちなみに明後日ゼミ発表です。

うぅーー

| *読書* | 22:19 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
告白−湊かなえ−
(2008-08-05)
後味の悪さがずっと残る
現実逃避小説
つくりばなし

JUGEMテーマ:読書
 
内容紹介

我が子を校内で亡くした女性教師が、終業式のHRで犯人である少年を指し示す。ひとつの事件をモノローグ形式で「級友」「犯人」「犯人の家族」から、それぞれ語らせ真相に迫る。選考委員全員を唸らせた新人離れした圧倒的な筆力と、伏線が鏤められた緻密な構成力は、デビュー作とは思えぬ完成度である。


今話題の一冊。

大学図書館で春休み前に予約。

春休み明けに待ちに待ってやっとゲット。


そして、一気に読みました。

救いのないはなし・・・。

だれにも共感できなかったので、淡々と第三者の目で物語を眺めていた感覚。

なので、不思議と読後感はさらっとしている。

ある種、物語に入り込めなかったということでも・・・。


あと、登場人物の感情があまりにも単純な気が。

でも、この負の連鎖がどう繋がっていくのか、その展開からは目が離せず、一気に読んでしまうんですねー。

そういう意味ではとても楽しめました。

この本の冷たーい、淡々とした狂気を映画ではどう表現するのか、気になりますね。

| *読書* | 19:16 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
息がとまるほど−唯川恵−
文藝春秋
読み応えのある短編集
心理描写

JUGEMテーマ:読書


ふぅ〜

明日で一週間が終わりましゅー (壊)

まだほとんどの授業が本格的な授業に入ってもいないのに、なんか疲れた?

なんか落ち着かない。

自然に触れたい。
高知に帰りたい。

というか青空が見たい。

春風に吹かれたい。

せっかく春気分になって、気持ちよく新学期を迎えれたと思ったのに。

なんか、水を差された感じです。

寒空の下、舞うさくらの花びらがまるで、雪のようだったよ。


そんな中でも、春休み中完全に学問から離れていたので、あぁ、私大学でこんなこと勉強してたんだ〜ってことが蘇ってきて(ぇ)徐々に知的好奇心が目を覚ましだしました。

煩わしい人間関係も、心癒される人の存在もまた姿を現して・・・苦笑

メンタル的にアップダウンの激しい日々を送っております。

高知ではすっかり平和ボケしてたからな。笑
今思うと春のまぼろしみたいな日々・・・。

学校がはじまって夢から覚めて、現実世界に引き戻された感覚。

私が今ここでするべきこと。

そろそろ思い出さなきゃ。

そんな心境で、明日は久しぶりに美術館にも行こうかなーと
夜はレディー・ガガのコンサートに行ってきます



・・・前置きが長くなりましたが、今回は今日読み終わった本のレビューを。


内容(「BOOK」データベースより)

同僚にプロポーズされたのを機に、不倫中の上司と別れる決意をした朋絵だったが、最後のデートを後輩に目撃され…。男と女の間に流れる、もはや愛とは呼べないくろぐろとした感情、女と女の間の、友情とは呼べない嫉妬や裏切り、優越感。女たちの心に沈む思いを濃密に描きだした、八つの傑作恋愛短篇。


・目次・

無邪気な悪魔

ささやかな誤算

青ざめた夜

女友達

残月

雨に惑う

一夜まで

あね、いもうと





・・・春休み中に読んだ「肩越しの恋人」が好印象で、図書館寄った時にふいっと借りて、さらっと読んでみました。

なかなか面白かった。

ある意味ホラーだったな。笑

女の業の怖ろしさ、愚かさ、悲しさ、虚しさ・・・

色んなものに縛られている女たちの姿に共感はせずとも、引き込まれていきました。

それぞれのストーリーの結末に、背筋がぞくっとさせられます。

今度は、ハートフルな、穏やかなものが読みたいですな。


| *読書* | 23:00 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
食堂かたつむり−小川糸−
前向きになれない時、人生に立ち止まってしまった時に
おいしい=幸せ
不器用な母と娘の親子愛

JUGEMテーマ:読書


内容紹介

おいしくて、いとおしい。
同棲していた恋人にすべてを持ち去られ、恋と同時にあまりに多くのものを失った衝撃から、倫子はさらに声をも失う。
山あいのふるさとに戻った倫子は、小さな食堂を始める。それは、一日一組のお客様だけをもてなす、決まったメニューのない食堂だった。
巻末に番外編を収録。



今春、話題の一冊。
高知で読みました。
妹の友達から借りて。



ところどころ表現が鼻についたけれど、この本で学んだことは料理に対する姿勢。




私にとって、料理とは祈りそのものだ


って言葉が印象的でした



高知で初めてと言っていいほど慣れない料理をしたけれど、祖母が私の素人料理を食べて、

「おいしい、おいしい」

って言って食べてくれたり。

いとこの家に豚汁を作ってもっていった時もちびたちが

「おいしいvv」

って言ってくれたり、おかわりをしてくれた時はなんかじーんときました。

まだまだ未熟な味だったろうに

今度はもっとおいしい豚汁つくるぞ!ってひそかに心に刻んだり。


それと同時に、母やおばさんに作ってもらった料理を食べることのありがたさを、作る側になって改めて身をもって知りました。

(私が高知で二キロ体重が増えてしまったのも、久々に母の手料理を離れて、食生活が変わってしまったからだと思うんです。)

今まで大変だろうなとは思っていたけれど、それが当たり前のようになっていたから。。。


料理ってやっぱり大変です。

献立考えたり、手順を考えたり、洗い物したり・・・

しかも、それを毎日3回。
人間、年中食べてばっかりですよ。

でも、だからこそ、誰かが自分のために作ってくれたものを口にすることの大切さを思うのです。

しかも、手料理には作ってくれた人の手の細胞のかけらや常在菌がすくなからず含まれているので、それをからだに取り込むことは、作ってくれた人の一部を食べているということにもなるんです。


なんだか、料理が神聖なことのように思えてきませんか?


それはとても幸福なことに、大切なことに思えるのです。


私も、料理をする時は祈りながら、相手のことを思いながら作ることができるようになりたいと思います。


| *読書* | 20:47 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
1月の読書記録
JUGEMテーマ:読書


今年から月のまとめでもしてもようなかーと
まぁ、たまたま先月例外的にたくさん読めたからまとめてみたくなったっていうのもあるんですけど。笑
(テスト期間だったのにねー勉強しないで何してるんだろーねー?)

先月は新書が多いのに比例して読書冊数が増えましたね

2月は春休みを利用して短期コースで自動車の教習所へいってきます!(本籍がある高知の)
ので、読書数は減るんじゃないかな・・・。
結構、忙しそう

まぁ、1月結構読んだので、読書疲れが無きにしも非ず。。。(なんじゃそりゃ)
性格上波があるので、2月はクールダウンの月になるかもです



 1月の読書メーター
読んだ本の数:14冊
読んだページ数:3816ページ

チルドレン (講談社文庫)チルドレン (講談社文庫)
読了日:01月29日 著者:伊坂 幸太郎

対岸の彼女対岸の彼女
読了日:01月28日 著者:角田 光代





モテたい理由 (講談社現代新書)モテたい理由 (講談社現代新書)
読了日:01月26日 著者:赤坂 真理

語り女たち (新潮文庫 き 17-10)語り女たち (新潮文庫 き 17-10)
読了日:01月25日 著者:北村 薫

女は見た目が10割 (平凡社新書)女は見た目が10割 (平凡社新書)
読了日:01月25日 著者:鈴木 由加里

推定少女 (角川文庫)推定少女 (角川文庫)
読了日:01月22日 著者:桜庭 一樹

心と響き合う読書案内 (PHP新書 578)心と響き合う読書案内 (PHP新書 578)
読了日:01月22日 著者:小川 洋子

聖女の救済聖女の救済
読了日:01月17日 著者:東野 圭吾

女装する女 (新潮新書)女装する女 (新潮新書)
読了日:01月16日 著者:湯山 玲子

されど“服”で人生は変わるされど“服”で人生は変わる
読了日:01月13日 著者:齋藤 薫

無頼化する女たち (新書y)無頼化する女たち (新書y)
読了日:01月10日 著者:水無田気流





女ごころ (新潮文庫)女ごころ (新潮文庫)
読了日:01月10日 著者:モーム

砂の女 (新潮文庫)砂の女 (新潮文庫)
読了日:01月05日 著者:安部 公房

ラファエル前派の世界ラファエル前派の世界
読了日:01月01日 著者:斉藤 貴子

読書メーター
 

今日は母が東京ドームの食器かなんかのイベントに行っているので、晩御飯を丸投げされました。
レポートたまってるのに、なんで人参ぐつぐつ煮てるんだろうねーってカンジです。
今日の献立はまた後日紹介するつもりです♪ 
うまくいくかな

| *読書* | 17:21 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

CALENDAR

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

SPONSORED LINKS

RECOMMEND

Sherlock: Season One [DVD] [Import]
Sherlock: Season One [DVD] [Import] (JUGEMレビュー »)

スマートでスタイリッシュでスピード感抜群!シーズン3が待ち遠しい!

RECOMMEND

いまを生きる [DVD]
いまを生きる [DVD] (JUGEMレビュー »)

三丁目の夕日以来くらいにボロ泣きした映画。
教育の困難さをまざまざとつきつけてくる映画です。
青春の爽やかさ、愚かさ、素晴らしさが、彼らを襲う運命を更に惹き立たせていて、胸を締め付けられる思いでした。
ぜひ、中高生はじめ親御さんにも見てもらいたい映画です。

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

RECENT TRACKBACK

*ランキング参加中*

 大学生日記ブログへ
 大学生日記ブログ 女子大学生へ
 写真ブログへ
 写真ブログ 日常写真へ
美術ブログへ
美術ブログ 美術鑑賞・評論へ

RECOMMEND ARTIST

Yonda?

MOBILE

qrcode

LINKS

PROFILE

SEARCH