スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
六番目の小夜子−恩田陸−

恩田 陸
新潮社
豪腕
一部だけは〇でも恩田陸はどうも好きになれない。
伝説のモダンホラー
JUGEMテーマ:読書

期末が終わったのと同時に友達の恩田陸ファンが大量に貸してくれました。
こんなんじゃ、冬休みは恩田陸だけで終わっちまう、とおもったのですが、他の友達が伊坂幸太郎も貸してくれ、学校では冬休みの貸し出しで自分が読みたい本をぎょうさん借り(きっと半分も読まれずにまた休み明け図書室の棚に戻ってゆくであろう本達)、普段自分じゃなかなか買うのに勇気がいる単行本数冊を父にamazonでクリックひとつで買ってもらって(大人の財力が羨ましいぜ)、活字にあふれたステキな読書生活をすごしてみたいと、夢に満ち満ちた冬休みを思い浮かべております。

で・「風と共に去りぬ」が読みかけだったのですが、さぁ、2巻を読もうとしたときに、家に2巻だけないことに気づきまして。
それに気づいたのが土曜の夜。
学校で借りるとしても月曜日になるので、なにも読むものが無い日曜日を使って友達から借りたこの「六番目の小夜子」を読むに至ったわけです。

内容(「BOOK」データベースより)
津村沙世子―とある地方の高校にやってきた、美しく謎めいた転校生。高校には十数年間にわたり、奇妙なゲームが受け継がれていた。三年に一度、サヨコと呼ばれる生徒が、見えざる手によって選ばれるのだ。そして今年は、「六番目のサヨコ」が誕生する年だった。学園生活、友情、恋愛。やがては失われる青春の輝きを美しい水晶に封じ込め、漆黒の恐怖で包みこんだ、伝説のデビュー作。

NHKでやってたドラマを観てた記憶が薄っすら残ってます。
好きでよく観てたな〜。
ほとんど覚えてないけど、なんだか懐かしさが込み上げてきます。
キャストは主演の鈴木杏をはじめ、小夜子役の栗山千明、山田孝之などなど。
今思うと豪華ですね。
また、観たくなってきた。

ドラマはなんだか妖しくて、こわ〜い感じだったと思うんですけど、小説もまぁ、ちょっとスリルもあってこの話はどこに終着するのだろうと、ページを捲る手は止まらなかったのですが、もっとこうドガーン(?)とくる結末のほうが好みだったなぁ。
なんか、イマイチ納得できないというか。
というか、私と同い年の高3にしてはませてる気がする。笑
喫茶店でコーヒーとか飲むのかな?
ブレンドコーヒーで、とか頼むのかな?
私がそういう男子高校生に出会ってないだけならごめんなさい。
でも、ストーリー全体を通して、「学校とは何ぞや」ということに触れていたり、高校生が主人公だということもあって、ある意味青春ものでもあるかも。

あぁ、あと、歴代のサヨコの話がよく絡んできたんですけど、ちょっと混乱しました。
何代目が誰で、何してとか整理しないと話がわからなくなりかねません。
その点、お気をつけて。

| −恩田陸 | 22:45 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
木曜組曲−恩田陸−
JUGEMテーマ:読書


GW2冊目…の前に以前レビューし終わってると思ってたんですけど、まだしていなかったらしい「木曜組曲」の感想をば。

・内容(「BOOK」データベースより)・
耽美派女流作家の巨匠、重松時子が薬物死を遂げてから、すでに四年。彼女と縁の深い女たちが、今年もうぐいす館に集まり、時子を偲ぶ宴が催された。なごやかなはずの五人の会話は、謎のメッセージをきっかけにいつしか告発と告白の嵐に飲み込まれ、うぐいす館の夜は疑心暗鬼のまま、更けてゆく。やがて明らかになる、時子の死の真相とは?期待の新鋭、待望の長篇ミステリー。

ブックオフで適当な本を物色している時にこの本をなぜか手に取りました。
イメージは単行本ですけど、実際読んだのは文庫本。
なんか、映画化されてたらしい?ので、映画化=面白い、という短絡的な理由で買いました。

私にとって恩田陸さんの本を読んだのはこれが初めてでした。
スケール感がすごいというより、リアリティーと、淡々としたスリル感に引き込まれました。
みんなそれぞれ不可解な面があって、新たな真実も次々に浮かび上がったりするから、最後の最後まで犯人がわからない!という事ですっかり物語りに引き込まれてしまい、ページをめくる手が止まりませんでした。
結末もあっ!という感じで。
ごちそうさまでしたっ>v<♪笑

「光の帝国」を読もうと思うんですけど、図書館になかった〜(ToT)
予約状況を今日調べられなかったんで、(というかよくわかんなかった;)今度調べてみよ。

・・・勉強は?orz

| −恩田陸 | 20:48 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
ドミノ −恩田陸−
JUGEMテーマ:読書


あーー
図書館って今まであまり利用した事無かったんですけど、あそこは夢の花園ですね…!
勉強しに図書館に行ってみよう!とGW中は図書館通いするつもりだったんですけど、とんだ間違いでした。
軽い気持ちで本棚を物色しているうちに、こう自然と、ね。
手出しますよ。普通。
1日1冊、土曜、日曜、月曜、計3冊読破。
勉強より読書時間の方が多い…!!
・・・・・

とまぁ、そういうわけで。
その1冊がこの恩田陸さんの「ドミノ」です。

・出版社/著者からの内容紹介・
些細な事件が大騒動に発展していく、パニックコメディの大傑作!

一億の契約書を待つ生保会社のオフィス。下剤を盛られた子役の麻里花。推理力を競い合う大学生。別れを画策する青年実業家。昼下がりの東京駅、見知らぬ者同士がすれ違うその一瞬、運命のドミノが倒れてゆく!

Oh,My God!! 怪しい奴らがもつれあって、東京駅は大パニック!


コミカルでテンポが良いからガンガン読めました。
こう、なんて言うんでしょう、紹介にもありますが、いろんな登場人物の異なったストーリーがある一点で交わり物語にまた新たな変化を生み出す…というまさにドミノなんですけど、こういった類の小説を読むのは初めてだったので、スゴイ新鮮で楽しんで読めました。
現実的っていうわけではなく、どちらかと言うとアニメにしたら面白そうかなって感じ。
東京駅に行きたくなった。笑
| −恩田陸 | 22:04 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

CALENDAR

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

SPONSORED LINKS

RECOMMEND

Sherlock: Season One [DVD] [Import]
Sherlock: Season One [DVD] [Import] (JUGEMレビュー »)

スマートでスタイリッシュでスピード感抜群!シーズン3が待ち遠しい!

RECOMMEND

いまを生きる [DVD]
いまを生きる [DVD] (JUGEMレビュー »)

三丁目の夕日以来くらいにボロ泣きした映画。
教育の困難さをまざまざとつきつけてくる映画です。
青春の爽やかさ、愚かさ、素晴らしさが、彼らを襲う運命を更に惹き立たせていて、胸を締め付けられる思いでした。
ぜひ、中高生はじめ親御さんにも見てもらいたい映画です。

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

RECENT TRACKBACK

*ランキング参加中*

 大学生日記ブログへ
 大学生日記ブログ 女子大学生へ
 写真ブログへ
 写真ブログ 日常写真へ
美術ブログへ
美術ブログ 美術鑑賞・評論へ

RECOMMEND ARTIST

Yonda?

MOBILE

qrcode

LINKS

PROFILE

SEARCH