スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
藝大の卒展
JUGEMテーマ:日記・一般
 





中高の時の先輩が今年卒業されるとのことで、作品を見に行ってきました。

先輩にも会えてよかった!

というか、全部見切れないくらいの規模でびっくりでした。

藝大美術館、都美術館、そして藝大のキャンパスと色んなところが会場になっていて、ビエンナーレみたいなことに(行ったことないけど)。

今日は山種美術館さんにも行く予定だったので、ちょっと見逃した学科があるのが残念。

油見たかったな〜もう1回行けたら行きたいけど。

個人的に彫刻で、ちょっと感動する作品がありました。

カメラ持っていけばよかった〜!!

巨匠の作品もいいけれど、偶には若い才能に触れるのも楽しいものですね。

| *美術* | 18:53 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
メトロポリタン美術館展&雑貨めぐり
JUGEMテーマ:日記・一般
 

昨日は会期最終日だったメトロポリタン美術館展に行ってきましたー。

めっちゃ混んでたーまぁ、覚悟はしていましたが。

正直この展覧会はあまり大きな声では言えないけど、メットの収蔵品寄せ集めました展みたいなところがありますが(苦笑)絵画作品は結構楽しめました。

ゴッホやカンスタブル、ターナーなんかが見れただけでお腹いっぱい(^v^)

帰り際に杉本博司さんらしき方(奥方とご一緒)を見かけたんだけど、ご本人だったのかしらん?

彼の海景シリーズのひと作品が出品されているから、いらしていてもおかしくないんだけど。

去年観た杉本博司のドキュメンタリー映画『はじまりの記憶』は面白かったですね。

BGMの音楽もよかったし、構成もよかったから、かなりおすすめです!(彼の作品が良いか悪いかはおいといて:苦笑。まだ、私には彼の作品をどう捉えていいかがわかっていませんー)


その後は上野から歩いて御徒町と秋葉原の間の高架下にある商業施設「2K540」なるところへ行ってきました。

ここがなかなか面白くて、基本的に日本の伝統工芸などの「ものづくり」にスポットを当てたお店が何件も寄せ集められているんです。

ちなみに「2K540」の意味は東京駅からこのエリアまでの距離だそう。

草木染めのグッズを扱っているお店や、木製製品だけを取り扱っているお店などなど。詳しくはHPを見てみてください。


ちなみに、ワケあり商品として半額以下で購入した小物入れ↑ どこに傷があるかなんてわからないくらい。

「日本百貨店」っていう、全国各地のレトロモダンな雑貨や、ちゃんとした伝統工芸品、はたまた食品などを扱っているショップも面白かったです♪

上野から歩いて15分もしなかった気がしますので、美術館帰りなんかに立ち寄ってみてもいいかもしれません〜。


| *美術* | 10:22 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
ツタンカーメン展
JUGEMテーマ:日記・一般
 


んービューティフル!新幹線からパシャリ。やっぱり、富士山には雪化粧がお似合いになる。
(下の記事とは関係ないけど、せっかくなので写真載せます)




今週の火曜日は変な天気でしたが、その他の日は清清しい秋晴れで行楽日和でしたね♪



今日は友達と上野の森美術館で開催されているツタンカーメン展に行ってきました。

お昼は上野の公園の中にあるオープンテラスで。



入場までに30分かかったけど、それなりの価値はあったかなーと思います!

ツタンカーメンのお墓に入っていた副葬品や、ツタンカーメンの子供だと考えられている胎児のお棺とか、色々興味深いものがありました〜。

只今現地の博物館が改装中かなんかで、まぁ出開帳みたいなものかな。

一般2700円もしますが、費用調達の意味もあるのではないかと思います。笑

まぁ、それ言ったらマウリッツハイス展もそうなる。美術館がよくやる常套手段です。

でも、改築中の美術品はある意味保管も展示もする場所が無いわけだから、現地に行く事が難しい立場の人にとっては、こうやって遥々海を越えてそれら作品に出会うことができるまたとないチャンスでもあるわけです!

エジプトには一度行ってみたいけどね!




今度は今日会った友達を私のお気に入りナンバーワンを争う美術館、三菱一号館へ誘おうっかなーって思ってますv

久々に癒された時間でした〜


| *美術* | 21:10 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
都会のオアシス
JUGEMテーマ:日記・一般
 

今日行ってきた根津美術館でパシャリ。



緑が本当に美しかった。暑さも和らぐ〜。

というか、こちらのお庭には幾度か足を運んでいますが、未だに全容を掴めていません(;´Д`) 広すぎる・・・。



特別展『中世人の花会(はなのえ)と茶会』が開催されていることもあり、お客さんのほとんどが和装の女性ばかりで、びっくりしました。どなたかが「着物の品評会みたいだね〜」と。まさに!

お庭にある茶室も全部フル回転。着物生活、憧れるな〜。


おまけ



お昼は山種美術館でにゅうめんをいただきました!若鮎の甘露煮入り。季節の味覚を味わうこの幸せ。。。

ちなみに、山種さんでは特別展『福田平八郎と日本画モダン』展が開催中です。

ぶっちゃけ、前期だけでひっこんじゃった「漣」が見たかったのですが、後期のみ展示の「雨」も、思ったよりよかったです。



高知の祖母の家の2階からは、隣の家の屋根瓦が丁度見下ろせるんですが、私もあのぽつぽつと雨粒が瓦を染めていく瞬間が好きだったのを思い出しました。それにしても、大胆な構図だな〜。


さて、今度はどこへ行こうか?



| *美術* | 22:21 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
『KATAGAMI Style』展@三菱一号館美術館
JUGEMテーマ:日記・一般
 


本日は自主休講。爆  

週の前半、色々神経使ったからかなー朝起きられなかった orz…
社会人だったら、と思うと・・・(((;゚Д゚)))

ってことで、1日freedayを満喫しちゃおう!ってことで、母と三菱一号館美術館で27日まで開催中の『KATAGAMI Style 世界が愛した日本のデザイン もうひとつのジャポニスム(Paper Stencils and Japonisme)』展を見に行ってきました♥



ランチは以前から気になっていた美術館付属のカフェ「1894」にて。



プレートランチ。10分足らずで完食。ダイエット中には最適!



1894年当時の姿を忠実に再現した店内。雰囲気めっさえー☆
有閑マダム達で溢れかえっておりました。ちなみに2時まではランチタイムでお茶はできないみたいです。


そして!肝心の展覧会内容についてですが。。。

すごくよかったです・・・!

三菱一号館は19世紀美術に関する展覧会が多いので(マネ、ロートレック、ルドン…)、個人的に毎回ツボなのですが、特に今回は私も大好きなジャポニスムについて。

しかも「もうひとつのジャポニスム」という副題が示しているように、今まであまりジャポニスム研究でも取り上げられてこなかった「型紙」による西洋美術への影響がメインテーマということで、とってもユニークな展覧会内容になっていました。

型紙のデザインがどれだけ西洋美術の文脈に流れ込んでいるのかという姿(作品例)がこれでもか!というくらい提示されいて、ただただ圧巻・・・(゚Д゚) (出品作品数約400点!!)

イギリスから始まり、フランス、ウィーン、ドイツとヨーロッパ横断。日本美術がまさに世界を席巻していたということが目にも明らかです。しかも、それが今までよく言われてきた浮世絵とかの絵画作品ではなく、着物の染め型である『型紙』の影響も多大なものがあったのではないか、という本展覧会の問題提起がとても新鮮なわけです。

そして、今回はちゃんとした研究者チームを組んで、助成金も受けた上での成果発表だったので充実感が半端ないです。だからかカタログもいつもより高めでした。買ったけど。

うーん、まだ興奮冷めやらずです。多くの人に見て欲しい展覧会だな〜。日本人としても、こんなに素晴らしい伝統文化を持っているんだということを知って欲しいです。

型紙を実際に日本の職人さんが彫っているビデオも流れていたんだけど、息を呑むほどの技術力の高さでしたよ!型紙自体も「これ本当に手で彫ったの?」というくらい精緻なものばかりですからね。西洋人も日本の型紙を真似して作ったりしていて、それはそれなりに素晴らしいんだけど、技術面の高さという意味では足元にも及ばない、っていうのが実際のところだなーと思いました。


さて、次回の『バーン・ジョーンズ‐装飾と象徴‐』展も楽しみだわ〜。三菱一号館美術館からはこれからも目が離せません。

展覧会見たあとは靴探しへ。思い切って2足購入。んで、4ヶ月ぶりくらいに散髪行って(←)、現在に至ります。ふ〜久しぶりにリフレッシュできた充実の1日でした♪ 授業休んじゃったけど、満足なり。

ではまたー(^o^)/

| *美術* | 22:58 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
カルチャー好きにおすすめ
JUGEMテーマ:日記・一般
 

大学で美術史を学ぶようになって、色んな美術館に行くようにはなりましたが、まだまだ行ったことない&行きたい美術館やギャラリーはまだまだ!

最近買った雑誌を参考にいろいろ開拓していきたいと思います。

特に『東京アート&カルチャーさんぽ』は美術館周辺のカルチャー関連のお店(雑貨屋、本屋)なんかものっていて、おすすめ。

ちなみに今日は千葉市美術館の「蕭白ショック!」展と三井記念美術館の「葛飾北斎」展に行ってきましたよー。

来週はどこ行こうかな〜
| *美術* | 23:20 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
『はじまりの記憶 杉本博司』@シアター・イメージフォーラム(渋谷)
JUGEMテーマ:日記・一般


を観に行ってきました。


 


昨日行った原美術館で個展を開催中の杉本博司さんのドキュメンタリー映画です。彼の写真1枚につけられる値段は最高だと億超えするくらいだそうですよ。ぇ


でも、思い切って今日観に行ってよかった。あんなにいいとは思わなんだ。エンディングは思わず涙ぐんでしまったほど・・・。一本のドキュメンタリーを通してあんなに深遠なテーマにまで達するとは思いもよらなかったので。

明日は大学で大事な発表があるのに、未だに心、ここにあらず、です!どーん


この映画を観るまでは、正直彼の作品のよさがわかりませんでしたが(今も懐疑的)、彼の写真はただの写真じゃないということがこのドキュメンタリーを通してよくわかりました。

彼の作品はいわゆる一瞬を切り取ったような写真ではなくて、「時間」や「永遠」という時を写真という一瞬に閉じ込めているところ(と思わせるところ)が、凄い、のですね。

あとは、「見えないものを可視化」するところとか。(ex.電流、原始の世界…)

人類が共通して持っている神秘的な抽象概念なんかを、「カタチ」にしてしまう・・・凄い、と思うと同時に怖い、とも思ってしまいました・・・。

なんだか杉本さんは踏み込んではいけない領域スレスレにいるような気がしたから。

例えば、神社の再建を頼まれた時にも20tもある石をわざわざ運んで石室(古墳)を地下に作っちゃったり。太古の歴史と現代を繋ぐ、という点で意味はあるかもしれないけれど、なんていうんだろ、その豊かすぎる想像力が歴史を作り変えてしまっている、あるいは歪めてしまっている可能性もあるのではないか?と。

個人で妄想しているぶんには良いんだけど、それを杉本さんは作品というカタチで表現してしまう力を持っていることにちょっと怖さも感じられるわけです。


んーー何が言いたいかよくまとまらなのですが、とにかく色んなことを考えさせられたドキュメンタリーでした。

忘れたくない箴言がいたるところに散りばめられていて、これはDVDを買うべきかもしれない・・・笑

彼の作品の良さについてはまだまだ疑問が残りますが、思想に関してはとても共感する部分があったし、彼の作品に対するコンセプトがとてもわかりやすく伝わってくる内容になっていたので、すっかり杉本さんのファンになってしまいそうです。(単純)

興味がある方はぜひぜひ。


同時に素晴らしかったのが、映画のBGM!渋谷慶一郎さんという方のなんですが、ドラマ『SPEC』なんかも担当されているそうな。

ミュージアムショップでもずっと映画のサントラが流れていて、「うわ〜このピアノ曲、なに??めっちゃええわぁ〜」と思っていたのですが、映画でもその美しい旋律が杉本作品はじめ、彼の精神世界ともどこかうまく重なり合ってしまっていて、観る者の感情にさらに訴えかけてくるようになっていました。

ちなみに今、映画でエンディングに流れていた「limitless」という曲をリピートで聴いています♪ 

しばらくこの余韻は続きそうです。(明日発表なのに!泣)


| *美術* | 23:26 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
『杉本博司 ハダカから被服へ』@原美術館
JUGEMテーマ:日記・一般
 

今日は原美術館へ『杉本博司 ハダカから被服へ』展(〜7月1日)を見に行ってきました。→美術館HP

原美術館は1979年オープンですが、1938年に建造された私邸なので、白壁の曲線が美しいこじんまりとした美術館でした♪ 建築家は上野の東京国立博物館本館等を設計した渡辺仁という方だそうです。




初☆原美術館でしたが、まず!たどり着けない!

ちゃんと道を調べていかなかった私が悪いんですけど(よくある)、道が色々あって、行きも帰りも無駄に歩いてしまいましたorz

しかも、開館時間の10時に合わせたらと思ったら、まさかの11時開館!踏んだり蹴ったり!でも、美術館の近くに緑豊かな公園や広場があって、軽く森林浴して時間つぶししました。



周りはハイソで閑静な住宅街です。



こういう道だったらランニングもしたくなるなー

肝心の展覧会は、こちらもまた初!杉本博司展。名前だけはかねがね聞いてましたが、こうして作品を実際に見るのは初めてでした。

お猿さんの写真から始まって、シャネルとかのブランド服の写真が展示されていました。作品毎に杉本さんの言葉が添えられていて、「装う」ことへの根本概念について考えさせられる展覧会になっています。→展覧会に関する詳しいHP

あと、小部屋なんかにも現代作家さんの展示がされていて、それも印象深かったなー。また、展示室の窓からは緑あふれる庭が覗けて、今の季節は最高に気持ち良いです。

ランチは美術館内のレストラン『カフェ ダール(cafe d'art)』でちょっと奮発していただいちゃいました。



レストランは自然光がたっぷり入るような設計になっています。今日は曇でしたが、晴れの日はテラス席も気持ち良いと思います!



アスパラと帆立貝のクリームパスタ。久しぶりにこんな美味しいパスタ食べた!ここは今度友達連れてきたいな♥ ひとり用の席もあるところだgood。平日でもお客さんいっぱいでした!

ミュージアムショップもデザイン性に富んだ普段使いのものが多くて、見るだけでも楽しめる感じ。ここは中々良いですね。目移りして大変でした。

お気に入りの美術館が増えて大満足(^ω^)


おまけ



帰り道にぱしゃり。バラも咲き始めましたね〜 バラも撮りに行きたいのぉ


| *美術* | 21:40 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
アートDay*
JUGEMテーマ:日記・一般



今年度、水曜日はフリーデイなので、今日は東京都現代美術館へ行ってきました。

2年ぶりくらいに(;´Д`)行ったのですが、なんか以前より好きになりました。空いてたってのもあるけど。

まず、建物が素晴らしいよね。なんという贅沢なつくり!

ついついアクセスの良い都内の美術館ばかりに足を運んでしまいがちなのですが、やっぱり都心だとここまで広々とした美術館はできないもんね。



開放感のあるエントランスに特別展にちなんだ作品やカラフルなソファー。



中庭(?)にもこんなアートが。



ランチは館内にあるレストラン2つのうちのひとつの、ベトナム料理屋さんでいただきました。

肉団子入りフォーです♪ サラダと、奥にあって見えないけどえびせんもついて1000円。

パクチーたっぷりで美味でした〜♪


今回見たのは、特別展 『靉嘔―ふたたび虹のかなたに-―』展『田中敦子―アート・オブ・コネクティング―』+常設展。

特別展は狙ったのか、カラフルな作品がメインで元気がでるような展覧会でしたね。

靉嘔(AY-O)さんって初めて知ったんですけど(ご存命中、あらゆる作品に虹色を用いることで有名らしい)、結構好きな作品があったな〜。

お経をカラフルに書いたりね、でも色キレイvと思ったら、スカトロジー的な作品があったり・・・うん、色んな作品があって面白かった。

エッフェル塔に虹の布を垂らした作品、実際に見たかった!



(エントランスにぶら下げてあった虹色の布をアップで撮影)


さて、明日はゼミでミニ発表だ〜 これから準備せねば。

では、また(o・・o)/


| *美術* | 20:15 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
サントリー美術館『毛利家の至宝』展
JUGEMテーマ:日記・一般
 

今日はアルバイト帰りに、六本木ミッドタウン内にあるサントリー美術館で開催中の展覧会に寄ってきました。

14日から始まったばかり&16時以降に行ったってこともあり、比較的空いていて、雪舟の国宝「山水長巻」もゆったりと鑑賞することができました♪

全期間中展示されているそうですが、早いほうが空いていると思うので、思い立ったら今、ですよ!

他にも政治的な書にはじまり、武具、着物、絵画、陶磁などなど名品揃いでした。



あと、ミッドタウンのエレベーター降りるときにSMAPの香取慎吾ちゃんとすれ違いました。爆

私は降りる方、慎吾ちゃんは乗る方で、格好いいサングラスもしていたんだけど、マネージャーさんらしきスーツ姿の人と一緒だったから、そうかなと。

サングラス越しに目があった気がする。←自過剰。

芸能人も普通にこの町で暮らしてるんだよなーって当たり前のことに気づかされました。

これからTVで見かけたら変に意識しちゃうな。笑


さて、明日も良い一日になりますよーに!

おやすみなさい☆

| *美術* | 23:11 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

CALENDAR

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

SPONSORED LINKS

RECOMMEND

Sherlock: Season One [DVD] [Import]
Sherlock: Season One [DVD] [Import] (JUGEMレビュー »)

スマートでスタイリッシュでスピード感抜群!シーズン3が待ち遠しい!

RECOMMEND

いまを生きる [DVD]
いまを生きる [DVD] (JUGEMレビュー »)

三丁目の夕日以来くらいにボロ泣きした映画。
教育の困難さをまざまざとつきつけてくる映画です。
青春の爽やかさ、愚かさ、素晴らしさが、彼らを襲う運命を更に惹き立たせていて、胸を締め付けられる思いでした。
ぜひ、中高生はじめ親御さんにも見てもらいたい映画です。

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

RECENT TRACKBACK

*ランキング参加中*

 大学生日記ブログへ
 大学生日記ブログ 女子大学生へ
 写真ブログへ
 写真ブログ 日常写真へ
美術ブログへ
美術ブログ 美術鑑賞・評論へ

RECOMMEND ARTIST

Yonda?

MOBILE

qrcode

LINKS

PROFILE

SEARCH