<< セロリ&リンゴのスムージー | main | 卒業旅行のお土産 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
旅の防犯術(自己流?)
JUGEMテーマ:日記・一般
 

卒業旅行ネタを引きずって、年末に行ったNY及び、この前行ったパリを「ひとり」で歩いていて、自分なりに感じた旅の防犯術に関してちょこっと書いておこうと思います。

NYとパリで感じたことなので、都市型向きの防犯術であることを最初にことわっておきますね。

あと、どうしても団体だと観光客だとバレてしまうので(致し方ない;)、主にひとりで街を歩くときに限ります。


主に服装のことに関してですが、母なんかは「汚い格好をしていきなさい」って良く言っているんですが、私としては「観光客と判別できる格好はしていくな」とまず言いたい。

パリなんかはとくにスリとかジプシーなんかの押し売りが多いので、観光客だとわかるとすぐ目をつけられてしまいます。

カメラを胸からぶら下げていたり、地図やガイドブックをもってうろちょろしてたり・・・。

カメラは撮るたびに鞄から取りだす、地図やガイドブックはこっそりチェックするのがベター。


服装に関して言うと、現地人になりきるのが1番だと思います!

いかにも旅向けの運動靴であったり、リュックサックとかよりは、少しだけでもヒールがある靴(NYとパリにはショートブーツを持参)とか、日本でも日常的に使えるようなトートバッグやショルダーバッグ(もちろんチャック付き)を身につけ、なるべく普段着(できれば現地人に溶け込めるような)を心掛ける。

トートバッグを持ち歩く場合は、歩道の壁側にバッグを持って、引ったくりを防止。

歩くときはよく言われますが颯爽と、気持ち大またで。

道を間違っても颯爽と歩き続ける。笑 きょろきょろしない。

もし道がわからなくなったら、潔く人に尋ねる。


・・・自分が現地人になりきれたかどうかのバロメーターは、観光地で観光客(日本人以外)や現地の人らしき人に道を訪ねられたら、かなり良い感じだと思います。

まぁ、もともと道を聞かれやすい人ってのもいますが・・・。



こんな感じかな。

あくまでご参考程度に。

ちなみに、これから行ってみたいところ、台湾、シチリア、クロアチア、ギリシャ、ペルー(マチュピチュ)、カンボジア、タイ、シンガポール、ベトナム、トルコ、デンマーク、スウェーデン、ノルウェー、エジプト、ペルー、バリ、南フランス・・・

まだまだ行きたいところはつきませぬ。

| *異文化交流* | 14:39 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 14:39 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>

SPONSORED LINKS

RECOMMEND

Sherlock: Season One [DVD] [Import]
Sherlock: Season One [DVD] [Import] (JUGEMレビュー »)

スマートでスタイリッシュでスピード感抜群!シーズン3が待ち遠しい!

RECOMMEND

いまを生きる [DVD]
いまを生きる [DVD] (JUGEMレビュー »)

三丁目の夕日以来くらいにボロ泣きした映画。
教育の困難さをまざまざとつきつけてくる映画です。
青春の爽やかさ、愚かさ、素晴らしさが、彼らを襲う運命を更に惹き立たせていて、胸を締め付けられる思いでした。
ぜひ、中高生はじめ親御さんにも見てもらいたい映画です。

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

RECENT TRACKBACK

*ランキング参加中*

 大学生日記ブログへ
 大学生日記ブログ 女子大学生へ
 写真ブログへ
 写真ブログ 日常写真へ
美術ブログへ
美術ブログ 美術鑑賞・評論へ

RECOMMEND ARTIST

Yonda?

MOBILE

qrcode

LINKS

PROFILE

SEARCH