<< きらきら | main | 午後の光を受けて >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
鉄鼠の檻−京極夏彦−
文庫版 鉄鼠の檻
文庫版 鉄鼠の檻
京極 夏彦

・出版社/著者からの内容紹介・

シリーズ最大の難事件!
京極堂、結界に囚わる。

忽然と出現した修行僧の屍、山中駆ける振袖の童女、埋没した「経蔵」……。箱根に起きる奇怪な事象に魅入られた者――骨董屋・今川、老医師・久遠寺(くおんじ)、作家・関口らの眼前で仏弟子たちが次々と無惨に殺されていく。謎の巨刹(きょさつ)=明慧寺(みょうけいじ)に封じ込められた動機と妄執に、さしもの京極堂が苦闘する、シリーズ第4弾!


再読です。
調度、分冊文庫版の1を友達に貸していて
でも、どうしても読みたかったので、文庫版をブックオフで買ってしまいました。

まぁそれは置いといて。
一回目読んだときは全体的にあんまり理解できずに読み終わってしまった感があったのですが、
二回目。
すっごいよかったです。
京極堂も登場シーン多めですし、関君も良い感じです。
表向き(?)は僧侶連続殺人事件という事で、「禅」についてつらつらとあらゆる場面で語られます。
1回目読んだ時と同じ様にならない様にと、京極堂が禅の歴史を語るところでは講義を受けている学生のようにメモを取りながら読み進めました。
メモ取ったほうが解り易かったです。(笑)
この時の話が事件解明にも関ってきますし。
また、「鉄鼠の檻」を読むということは、「禅」というものを知ることにも繋がる、と言ってもいいほどの内容の濃さです。
そういう意味で「鉄鼠」は京極堂ワールドの魅力がたっぷりといった感じでしょうか。

| −京極夏彦 | 18:35 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 18:35 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>

SPONSORED LINKS

RECOMMEND

Sherlock: Season One [DVD] [Import]
Sherlock: Season One [DVD] [Import] (JUGEMレビュー »)

スマートでスタイリッシュでスピード感抜群!シーズン3が待ち遠しい!

RECOMMEND

いまを生きる [DVD]
いまを生きる [DVD] (JUGEMレビュー »)

三丁目の夕日以来くらいにボロ泣きした映画。
教育の困難さをまざまざとつきつけてくる映画です。
青春の爽やかさ、愚かさ、素晴らしさが、彼らを襲う運命を更に惹き立たせていて、胸を締め付けられる思いでした。
ぜひ、中高生はじめ親御さんにも見てもらいたい映画です。

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

RECENT TRACKBACK

*ランキング参加中*

 大学生日記ブログへ
 大学生日記ブログ 女子大学生へ
 写真ブログへ
 写真ブログ 日常写真へ
美術ブログへ
美術ブログ 美術鑑賞・評論へ

RECOMMEND ARTIST

Yonda?

MOBILE

qrcode

LINKS

PROFILE

SEARCH