<< 江戸のファッション事始め@太田記念美術館 | main | お買い物〜♪ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
写楽展@東京国立博物館
JUGEMテーマ:日記・一般






今日は写楽展に行ってきました


めっちゃ混んでたー


誰?穴場って言ったの?←

本当ごめんなさい(全力土下座)

そこそこ混雑してました。

それなりに覚悟してください。

空いているところから効率よく見ていけばそれなりに見れます。


レビューは後日また詳しく書きますね。

今日は疲れちゃった。。。




後日記

写楽展の感想。

写楽の全貌がこの展覧会で掴めちゃいます。どーん

今回の写楽展も震災の影響を受け会期がずれ込んだりしたのですが、予定していた1点を除いて無事「役者は揃った」ようです。


【展覧会概要】

寛政6年(1794)5月、豪華な雲母摺りの役者大首絵28枚を出版して浮世絵界に突然姿をあらわし、翌年1月までに140点をこえる浮世絵版画を制作しながら、その筆を断って忽然と姿を消した東洲斎写楽。
作品が登場した時代の人々にとっても多くの刺激を与えていた単純化され誇張された表現は、現代に生きるわれわれの目にも新鮮な魅力に満ちています。本展は、その造形の魅力を解きほぐし、芸術的な特徴を明らかにすると同時に、写楽作品創造の源を探ります。


役者絵ということで、演目ごとに作品を配置したり、摺りが違う版を並べてみたり、同時代の絵師が描いた同じ役者の絵を並べてみたり・・・

めくるめく写楽ワールド。

写楽展のみどころはこちら

写楽以外でも歌麿の歌撰恋之部「深く忍ぶ恋」なんかもフランスのギメ美術館からきてたりしてて。

写楽の黒い雲母摺り(きらずり)ばっかり見ていると、歌麿の美人画の淡い、女性の心情を表したかのような雲母の背景がなんともいえず美すぃ〜。


(復刻版)

キラの美しさは現物じゃないと伝わらないので、これはぜひ生で見ていただきたい!

真正面からではなく、少し下から覗くように見ると細かいキラキラがみえます

今回はグッズも凝っていて、クリアファイルとブックカバーを買いました。




写楽の絵の特徴といってもいい「目」!がこうなるとおしゃれなデザインに

一目ぼれです


会期は6月12日まで。


| *美術* | 21:51 | comments(0) | trackbacks(1) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 21:51 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
ジャクソン・ポロックの現代アート/ご迷惑でしたらお手数ですが削除してください。
ごめんなさい。間違えてトラックバックしちゃたかもしれません。あなたのサイトの片隅にちょこっとだけリンクさせていただければ幸いです。ありがとうございます。ご迷惑でしたらお手数ですが削除してください。
| ジャクソン・ポロックの現代アート | 2011/06/22 4:39 AM |

CALENDAR

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>

SPONSORED LINKS

RECOMMEND

Sherlock: Season One [DVD] [Import]
Sherlock: Season One [DVD] [Import] (JUGEMレビュー »)

スマートでスタイリッシュでスピード感抜群!シーズン3が待ち遠しい!

RECOMMEND

いまを生きる [DVD]
いまを生きる [DVD] (JUGEMレビュー »)

三丁目の夕日以来くらいにボロ泣きした映画。
教育の困難さをまざまざとつきつけてくる映画です。
青春の爽やかさ、愚かさ、素晴らしさが、彼らを襲う運命を更に惹き立たせていて、胸を締め付けられる思いでした。
ぜひ、中高生はじめ親御さんにも見てもらいたい映画です。

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

RECENT TRACKBACK

*ランキング参加中*

 大学生日記ブログへ
 大学生日記ブログ 女子大学生へ
 写真ブログへ
 写真ブログ 日常写真へ
美術ブログへ
美術ブログ 美術鑑賞・評論へ

RECOMMEND ARTIST

Yonda?

MOBILE

qrcode

LINKS

PROFILE

SEARCH